暑い夏の日
脚本家
ichi_cho_London
投稿日時
2018-07-01 17:03:06

永吉昴

あーづーいー。なあ、クーラーつけようぜ。

最上静香

駄目よ、30℃越えなきゃ付けるなって言われたでしょう。

永吉昴

ちぇっ、真面目なんだから。少しぐらい付けてもバレないだろ。

最上静香

あなた、野球やってたんでしょう。暑いのには慣れてるんじゃないの?

永吉昴

あのな。今どき炎天下の中で猛練習なんてやらねーよ、適度に水分摂りながらやるの。

萩原雪歩

まあまあ。ほら、扇風機ならあるから。

永吉昴

生ぬるい風が出るだけだもんなー。いっその事スカートをこうして……

最上静香

こ、こら!いきなり何やってるのよ!?

萩原雪歩

昴ちゃん、いくら女の子しかいないからってそれはさすがに…

永吉昴

駄目?あーあ、せっかくスカート履いてきたのに。

最上静香

呆れた。そんな理由で今日はスカートなワケ。

永吉昴

いいだろ別に…そうだ、冷蔵庫に何かないかな?

永吉昴

お、オレンジジュース発見。なあ、これ飲んでもいいよな?

最上静香

さあ。オレンジジュースなら伊織さんのなんじゃない?

永吉昴

これ安いやつだぜ、違うだろ。へへ、いただきまーす。んっんっ…ぷはぁ。

最上静香

せめてコップに入れて飲みなさいよね…

永吉昴

うーん、飲んだら余計に汗が出るな。

萩原雪歩

冷たい物の摂りすぎはよくないよ。

永吉昴

分かってるけどさ、暑いんだもん。あ”〜、何とかならないのかこれ!

最上静香

ああうるさい!しょうがないわね、暑気払いでもしますか。

萩原雪歩

そうだね。じゃ、お手伝いするから。

永吉昴

へ、何するの?

最上静香

…はい、お待たせ。特製のきつねうどんよ、じっくり味わって食べてよね。

永吉昴

あれ、冷たいうどんじゃないのかよ。まあ腹減ってるから食べるけど。

萩原雪歩

はい、これ飲みながら食べてね。

永吉昴

お茶?こっちもなんか生ぬるいけど。

萩原雪歩

日本茶に少しお塩を入れてあるの。暑い時にはとってもいいんだよ。

永吉昴

ふーん。まあいいか、いただきまーす…

永吉昴

ご馳走さま、っと。うへぇ、やっぱり凄い汗だな。

萩原雪歩

はい、冷たいおしぼり。これで汗拭いてね。

永吉昴

サンキュー…お、なんかさっきよりさっぱりして気持ちがいいかも!

萩原雪歩

たくさん汗をかいたからね。その方が体温が下がるから、身体が楽になるんだよ。

永吉昴

なるほどね。ありがとな、二人とも。

最上静香

お礼なら私じゃなくてうどんに言ってちょうだい。これは昔からあるやり方なんだから。

永吉昴

お、おう……。

萩原雪歩

(静香ちゃんも相変わらずだなあ…。)

永吉昴

何にせよスッキリしたよ、これでこの後も乗り切れる……あ。

萩原雪歩

どうかした?

永吉昴

え、ええっと。こういう時は何ていうんだっけ?お花を摘みに、とか化粧を直すというか…

最上静香

早く行ってきなさい!